非公開求人とは

新卒向け非公開求人の見つけ方と良い面/悪い面

更新日:

ひと昔前までは「新卒ならリクナビかマイナビ!」が定番でしたが、最近では多種多少な採用ルートがあります。

内定はひとつでも大いに越したことはありません。内定先が複数あれば、あとはそこから選べばいいだけです。

内定を増やしたいのであれば、新卒向けの「新卒紹介」を使うのも手です。

新卒向けの非公開求人は存在する

転職市場では「非公開求人」は一般的でしたが、ここ数年は、新卒市場でも非公開求人が増えてきています。

非公開求人の意味や理由をよく理解した上で、あなたにとって本当に非公開求人が必要かどうか判断してください。

超高学歴&コミュ力抜群であれば、正直なところ非公開求人は不要でしょう。

でも、そうではなく並クラスなのであれば、非公開求人を検討してみるのもおすすめです。

新卒向け非公開求人の見つけ方・探し方

2018年現在、新卒向けの非公開求人を紹介している主なサービスは以下の4つです。

  • マイナビ新卒紹介
  • リクナビ就職エージェント
  • インテリジェンス
  • ジョブラス新卒紹介

マイナビ新卒紹介

大手マイナビが運営している新卒紹介です。専門知識のあるキャリアアドバイザー(担当者)が、あなたの性格や能力に合った求人を、プロの視点から紹介してくれます。

マイナビ新卒紹介へ

リクナビ就職エージェント

最大手リクナビを運営するリクルートの、新卒向け紹介サービスです。あなたの志向や価値観にあった企業を探し出してくれるばかりか、履歴書の添削や面接アドバイスなどもしてくれます。

リクナビ就職エージェントへ

デューダ新卒エージェント

転職市場ではシェアの高いパーソルキャリア(旧インテリジェンス)とベネッセによって運営されています。面接の合否理由まで教えてくれるので、次に活かすことができます。

デューダ新卒エージェントへ

ジョブラス新卒紹介

バイト求人誌では有名なアイデムが運営しています。ここでしか出会うことができな非公開求人が約500社もあります。

ジョブラス新卒紹介へ

新卒向け非公開求人の良い面/悪い面

悪い面

  • グループ面接力が伸びにくい

ほとんどデメリットが見つからないのですが、あえて言うならば、グループ面接の能力が伸びにくいということでしょうか。

非公開求人の紹介・面接は、基本的には「1対1」形式なので、他の新卒者と同時になにかを受けるようなことはほぼありません。

したがってグループ面接も普通はないので、もしこの能力を伸ばしたいのであれば、リクナビやマイナビなどの大手サイトからの就活が向いています。

良い面

  • 条件がいい求人に出会える
  • 高確率で内定が出る
  • 企業探しを任せられる

メリットはいくつかあります。

まず「条件がいい求人に出会える」ということです。普通の就職サイトには載っていないような求人情報まで、担当者を通して紹介してもらえます。採用企業側の理由で非公開求人にしているケースも少なくありません。

次に「高確率で内定が出る」ということも大きなメリットです。担当者が紹介しくれる求人は、アナタに合った求人のみです。つまりあなたが受かりそうになり求人は最初から省いてくれます。結果的に、面接に受かりやすくなり、内定がもらいやすくなります。

「企業探しを任せられる」ということも利点のひとつです。リクナビやマイナビなどから自分に適した企業・求人を探し出すのは簡単なことではありません。無数に存在する中から、自分が働く会社をたった1つだけ選ぶのですから無理もありません。担当者に希望を伝えれば、随時紹介してくれます。

まとめ

新卒向け非公開求人サービス(新卒紹介)は、どれも無料です。あなたがお金を払うことはありません。

定番どころのリクナビやマイナビを同時に、新卒紹介も利用することで、選択肢が大きく広がります。

少しでも早く&1つでも多く内定をもらいたいなら、大きな支えになってくれるサービスです。

-非公開求人とは

Copyright© 非公開求人の見つけ方・探し方【2018年ランキング】 , 2018 All Rights Reserved.